ただ褒めるだけじゃ能がない!相手の心を揺さぶるテクニック

どうも♪ Yamaちゃんです(^ ^)

今回は、『ただ褒めるだけじゃ能がない!相手の心を揺さぶるテクニック』を伝授します。

オレのサイトでは、「褒め方」の専門カテゴリーがあるほど、キャバ嬢との駆け引きでは、褒める行為ってとっても大切!

褒められて嫌な気持ちになる人なんていないし、特にあなたへの好意を引き出すのには良い方法。

でもでも、ただあなたが思ったことをキャバ嬢に褒め言葉として伝えたとしても、駆け引きに対して敏感なキャバ嬢にとっては、

『え?なに?下心出してきてるの?』と、疑いをかけられてしまいますよね。

疑いまでなくても、キャバ嬢は日常的に褒められることに慣れていますから、表面的なことをストレートに褒められたって、嬉しくなんかないんだよね。

『あ…ありがとうございますとうわべだけのカラ返事が関の山。

そうならないためにも、他の客との差別化を図るためにも、あなただけは、一手間かけた褒め方を実践する必要があるよね。

今回は、とっておきの手法を伝授しちゃうよ(^ ^)

褒め言葉に関節クッションを入れるだけ

とっておきの手法と言っても、知ってさえいれば、誰にでも使うことができる簡単なもの!

それは「直接褒めるのではなく、他人からそう言われないか?という疑問形に変える」だけ。

「キミって、みんなから優しい人だって言われない?」

こんな具合で、あなたの主観ではなく、あくまで“周りの人がそう評価しているのではないか?”という客観的立場を装うことがポイントだよ!

こう切り出せば、キャバ嬢は必ず

『え〜?なんで〜???』と疑問を投げかけてくる。

女というものは、周囲からどう見られているのか?を常に気にしている生き物だからね(^ ^)

「いや、だってさ、常に気遣ってくれてるし、テーブルも綺麗にしてくれてるじゃん。ここまで細かい気配りをできる娘って最近はなかなかいないなって思ってね!」

と、それらしい理由を付け加えておこう。

ハッキリ言って、ここでの理由なんてなんでもいいんだよね。

“あなたが素晴らしい人だって、僕は気づいていますよ”ということを客観的視点を挟むことによって、素直に受け入れてもらえる。

そこで、キャバ嬢はどう思うか?

『あ、この人は、表面だけじゃなくて、私の本質を見てくれている人なんだ。。。』

と、結果的にあなたへの好意を引き出すことができるってわけ。

小さな感動で心を揺さぶり続ける

他の記事も見てくれている人なら、薄々感づいてはいると思うけど、

相手から、あなたへの好意を引き出そうと思うときに、単調でストレートな表現って、あんまり効果が期待できない。

常に「意外性」を演出することで、相手は「あ、そんな風に思ってくれてたんだ・・・」と、ドキッとするんだよね。

この心の動きが大切で、たとえ小さな“ドキッ”でも、繰り返し刺激を与えていくことで、あなたは狙っているキャバ嬢の胸中で、特別な存在になれる可能性が格段に上がっていく!

オレのサイトには、そんなキャバ嬢の心を揺さぶるテクニックが満載だから、もっと参考にしてちょうだい(^ ^)

まとめ

ということで今回は、『ただ褒めるだけじゃ能がない!相手の心を揺さぶるテクニック』を伝授しました。

重要なことなので何度も言っちゃうけど、女はただ表面を褒められたって嬉しくないんだよね。

それどころか、外見って繊細な部分だから、「目が大きいね!」って褒めたつもりでも、相手がコンプレックスに思っている可能性だってある、危険な褒め方。

女性は、オレら男が思っているほど同じような考え方を持っていないし、全く別の生き物として捉えた方がいいね。

あなたも、効果的な褒め方を身につけて、キャバ嬢の心に刺さるような印象づけテクニックを同時に身につけてほしい(^ ^)

それじゃあ、今日はここまで!


最後まで読んでくれてありがとう♪

ここまで読んでくれたアナタにだけ、とっておきの手法を教えてあげる♪

本気で良い女を落としたいのなら、次のステップに行くべき。オレはそれを見つけてしまった…。

>> キャバクラはもう古い!百戦錬磨のオレが見つけた新しい出会いの手法

https://cabagirls.com/new-method/

関連記事

モテ男が実践!簡単なのに効果抜群なキャバ嬢褒め殺しテクニック!

キャバ嬢(飲み屋の女)を褒める時の凄テク!「一点褒め」とは

狙ったキャバ嬢がわがまま過ぎ?言いたい放題言っても良い人になれるテク

キャバ嬢を褒めるなら内面を褒めるべし!外見を褒めるのはNG!

キャバ嬢の友人をうまく踏み台にして好感度を上げるテク